ゲストハウスカナメ

田舎のありふれた「日常」と、「旅」が交差する宿。

このページは約3分で読めます

ゲストハウスカナメとは

  1. カナメについて
  2. スタッフについて

about

カナメについて

田舎のありふれた「日常」と、「旅」という非日常が交差する宿。

「おはよう」「おやすみ」

「いただきます」「ごちそうさま」

「いってきます」「いってらっしゃい」

「ただいま」

「おかえり」

カナメから聞こえてくるのは素朴な会話。

陽のあたる縁側で小川の音に耳を傾けお茶をのんだり。

風の通る居間でうつらうつらとお昼寝したり。

蛙の声が響く夕暮れには湖畔をお散歩。

その日の食材をつかってみんなで作る食事。

みんなで囲む食卓。

そんな、田舎のどこにでもある日常。

けれども、ここに集うのは好奇心を片手に1歩を踏み出してきた旅人たち。

初めて出逢う人。

初めて出逢う景色。

初めて出逢う自分。

ありふれた日常と「旅」という非日常が交差し、紡ぎだす色鮮やかな時間。

どこか懐かしくて、あたたかい。

そしていつも、新しい。

すべての人にとっての旅の入り口、それがゲストハウスカナメです。

梢乃雪2号館オープンについて

こんにちは。

ゲストハウス梢乃雪グループ

名ばかりオーナーのたつみです。

この度は、なにかのご縁で当ゲストハウスカナメのHPに。

しかも、物好きにも私めの挨拶ページに足を踏み入れてくださり。

厚く御礼いたしますと共に。

「他にやることあるんじゃないのか?!」と、心より深く申し上げる次第でございます。笑

とは言え。

この広大なネットの世界でお逢いできましたこと重ね重ねなにかのご縁に感謝いたします。

どうぞ下へ下へとスクロール願います。

当館、ゲストハウスカナメは。

長野県大町市北部。

仁科三湖(青木湖、中綱湖、木崎湖)の中心である中綱湖の畔に切り開かれた、中綱集落にて2014年より営業を開始いたしました。

当館の看板娘で、メインスタッフの

ゆるふわ系女子ちゃけが

屈託のない純粋すぎる笑顔で皆さまをお出迎えいたします。

山と湖と集落のお宿

ゲストハウスカナメ

当館は

なんてことないけど懐かしい。

なんてことないけど心地がいい。

田舎のゲストハウスです。

村のばあちゃんが持ってきてくれる手作りの野菜や。

家の前を流れる小川の音や。

家の隅々まで流れる冷たい風や。

古めかしい集落の町並みや。

その時のまま止まった時間や。

懐かしくて暖かいものが。

ごくごくあたりまえに存在する場所です。

日本人の根幹に染み込んだ

田舎の日本の景色がここにはある。

地図をもって。

時刻表とにらめっこをしたなら。

好奇心の向こう側へ。

どうぞお進みください。

旅宿要は。

あなたの

田舎への入口に。

旅の入り口に。

オフラインの田舎の地で。

あなたをお待ちしております。

画面の向こうあなた様と。

この長野の地で。

お逢いできますことを心待ちにしております!!

梢乃雪グループ

ゲストハウスカナメ

宿主 たつみかずき

たつみかずき

辰巳和生(タツミカズキ)@tatsumi_kazuki

長野県小谷村過疎地山中に物好きにも関西より移住してきました。 「これからは田舎が熱い!!」ってことでよろしくお願いします。 その他色々とやっております。 ■やってること 古民家ゲストハウス「梢乃雪」の運営 音楽(dr,他) ポン菓子販売 VJ

長野県北安曇郡小谷村

古民家ゲストハウス梢乃雪

ブログ「たつみかずきの明日、生きていけるのか?!(開設予定)」

上に戻る