2018.6.15

ライチョウの餌作りのお手伝いをしてきたよ!!!

 

 

先日、大町市の山岳博物館で人口飼育されているライチョウの餌になるナラの葉っぱを摘む、『ナラの葉っぱ摘み応援隊』にゲストさんと一緒に行ってきました!!!

 

 

 

ライチョウは長野県の県の鳥、県鳥であり、国の特別天然記念物に指定されている鳥です。

 

 

 

現在、全国3箇所で人工飼育されていて、

 

 

 

その1箇所が大町市の山岳博物館なんです!!!

 

 

 

 

山岳博物館では、試行錯誤を繰り返し、餌の材料にはナラの葉っぱが適している事がわかり、その葉っぱを殺菌、乾燥、粉砕することで安定した餌の開発に成功したそうです。

 

 

 

ナラの葉っぱは今の時期の物が1番きれいなのと、柔らかいので、できれば一年分の餌が作れる量をこの時期に集めたいそうです。

 

 

 

 

 

みんなで山に入り、伐採してもらったナラの葉っぱを枝から摘む作業を黙々と…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっという間の1時間でした。

 

 

 

自然の中での作業が気持ち良かったです。

 

 

 

 

全員で10キロのナラの葉っぱの採取ができたそうです!!!

 

 

 

 

 

 

応援完了!!!

 

 

 

 

 

 

葉っぱ摘みの後は、豚汁をいただき持ってきたおにぎりでお昼ごはん♬

 

 

 

 

 

 

外で食べるご飯、美味しかった〜\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

じゃがいもゴロゴロの豚汁!!!

 

 

 

 

 

 

 

貴重な体験ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました!!!

 

 

 

今度、山岳博物館に本物のライチョウを見に行ってみよ♪

 

 

 

 

 

 

よーこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

上に戻る