ringo1

2014.4.11

煮りんごと縁側とお茶と。

朝から煮りんごを作る。

りんごを炊くにおいってしあわせだ。

ringo1

しゅんしゅんとお鍋から上がる蒸気。

キッチンいっぱいに広がるりんごの香り。

ringo4

 

お鍋で煮てる間、カナメの窓を全部開けて宿の掃除や布団干し。

家中をちょっぴり冷たい風が通り抜けていく。

お家が深呼吸してるような、そんな感じ。

お天気がよくて、縁側にはぽかぽかとあたたかい陽射し。

いいなぁ。

わたし、このお家が大好きだ。

 

「今日はあったかいねぇ」

見ると、この間りんごをくれたお隣のおばあちゃんがいた。

ちょうど煮りんごが炊きあがったところ。

「煮りんご作ったんで味見してください!」

ringo2

 

そんなわけで、おばあちゃんと縁側でお茶。

できたて煮りんごがおとも。

「まぁ!おいしく煮たじゃんねぇ。よくできてるわぁ!」

なんだかとっても喜んでくれて、

 

 

ringo3

 

 

おばあちゃんちの分も同じ味に煮てほしいとご依頼いただきました。笑

しばらく、カナメはりんごの香りでいっぱいだな。

 

ちゃけ

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Share on Tumblr0

上に戻る