IMG_4058

2016.3.29

コーヒーの勉強会。

 

前回にも紹介したコーヒーの伝道師と呼ばれているごりさん。

美味しい珈琲を淹れてくれたので一緒に泊まったロンとなぎちゃんはこんな笑顔^^

 

IMG_4024

 

なぎちゃんの笑顔がすてきすぎる笑

朝ごはんはこんな感じ!

ロンは少し照れてる笑

みんなで朝から「いただきまーす」って嬉しいなー。

 

IMG_4026

 

 

そしてなぎちゃんとロンくんが帰った後の夜は

私とごりさんだったので珈琲教室を開いてもらいました!!

 

IMG_4048

 

 

こんな感じでたくさんのコップを並べて同じ豆でも挽き方によってどれだけ味が変わるのか実験。

 

IMG_4054

 

これは粗挽き。

お湯が落ちるのが早い分味は薄いというよりさっぱりという印象。

外で飲むアメリカンは薄くて普通より安いっていうイメージだったけど

本来ならば細挽きよりも多くの豆を使うから高くなるはずなんだよーと教えてもらいました。

 

IMG_4056

 

そしてこれは中挽き。

お湯が落ちるのは早すぎず、豆の味が丁度良いぐらい出ます。

私はこれが一番すきでした。

ちなみにこの豆は「ブラジルショコラ」といってお砂糖と牛乳を入れるとチョコレートの味がする酸味ではなく苦味の豆。

ごりさんがお土産に買ってきてくたんです^ ^

 

IMG_4052

 

最後に細挽き。

これはもうココアパウダーなの?っていうぐらい細くて挽くのにもすごく時間がかかりました。

豆の味がダイレクトというか苦味が強く出ていて、私はブラックが苦手な人間なのであまり好みではなく。。。

ただ豆の味をきちんと!という人にとっては細挽きはいいのかも!^ ^

 

同じ豆を3種類で飲むとこんなに味に差が出るんだなーと

珈琲の世界に一歩足を踏み入れたでらっくすです。

 

そしてよく中挽きがいい深煎りがいいとかいろいろ言うけれども

結局飲む人の好みで決めればいいんだよ!っとごりさんに言われて

なーんだ!難しく考えなくていいんだ!と

珈琲の世界が少し身近になりました。

 

さあ、でらっくすも珈琲の淹れ方を学んだので

カナメで少し自信を持って提供したいと思います笑

次は別の豆に挑戦してみよう。

 

なつみでらっくす

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Share on Tumblr0

上に戻る